ドメインの登録が保留中です。1 時間後に再度ご確認ください

最新情報

2021/1/20
(うとQ世話し 「運」論考)
今日は、自分には殆どない「運」についてランダムに考えてみました。
まず、
「強運」とは「好運を掴む力」と言うより、悪い運(困難、危機)が来ても難を逃れ、生き延びる事が出来る、むしろ「悪運が強い」に等しいような気がしました。
次に、自分がそうだと言う事ではないのですが、以前からどういう意味だろうと思っていた言葉で
「運も実力のうち」
の意味について、こんな解釈が成り立つのではないかと思いました。
曰く
「運と言うものは偶(たま)にしかやってこない。しかも来るのに随分と時間がかかる。なので、いつ来るか分らなく且つ来るのがずっと先になる事のある...

詳細

2021/1/18
(うとQ世話し 「ニューノーマル考」と1/22発売 シリーズ2年目に突入した新刊本のご案内)
●案内文
2年目に突入したコロナ渦での「ニューノーマル(新常態)」を探索する前に、大切なことがひとつ。
それは、自分にとっての「常態(ノーマル)」をどう認識しているか?です。
安心で安全。常に平時で「意のままになる」のが常態と思っている人と、
いつ何が起こるか分からない。常に不確実が常時で「意のままになること等ほとんどない」と思っている人。
その差は今回のコロナ禍、風水害、異常気象、経済の大減速に際して如実に表れました。
前者は「こんなはずじゃない。何とかしてよ」
後者は「ま...

詳細

2021/1/17
(うとQ世話し(続々)「若い人の、corona後遺症の現実」改めてのNew normal探索)
前の記事で
「行動自粛をお願いします」
ではなくて
「行動変容しましょう」
と書いたのは言葉遊びからではありません。
まず、行動変容をするには「認識の転換」即ち意識を向ける先と意識の仕方の転換が必要になります。
今の我々の認識は
「人間の医学、疫学などの英知を以てすれば、virusの問題等、直ぐに片付くよ」
という認識です。
しかし、人類はたかが3億年のsurvival歴をもつゴキブリにすら手を焼いています。virusなどはその遙か昔、十何億年、いやいやもっと、何十億年もの...

詳細

2021/1/16-2
(うとQ世話し(続)特集レポートのデータを読む「若い人の、コロナ後遺症の現実」)
何故、若い人は外に出るのか?
前回の記事では、その理由として主に
「罹患しても重症化しないから」
と書きました。
それでは、年配者はその重症化リスクを冒してすら何故昼カラオケ等に外出したのか?
自分が観察したところ、いずれへの答えも、
「人恋しいから」
となりました。
若い人はテレワーク疲れからとか、年配者は時間を持て余して等と、尤もらしい事を言っても、本当のところは、人が傍にいない、コミュニケーションが上手く交わせない寂しさやもどかしさから出かけている様な気がいたしました。
「ひと...

詳細

2021/1/16
(うとQ世話し 特集レポートのデータを読む「若い人の、コロナ後遺症の現実」)
昨日のニュースの中の特集で、とても興味深いレポートがありました。
「何故若い人は外出自粛をしないのか?」
理由で多かったのが
「罹っても重症化しない」と「外出して仕事をしないと食べていけないから」
でした。
後者は、食べていけないのなら、致し方ないでしょう。
しかし、前者は考えようがあるはずです。
そこで、そのレポートでは、若い罹患者のこんな現実を報告しておりました。
曰く
「罹患後の症状そのものは軽かったが、後遺症が酷く、かつまた長期にわたって悩まされている。しかも終わりが全く見えない後遺...

詳細

2021/1/15-2
(うとQ世話し 本日の第2弾「常識突破の試み」)
まず初めに、自分は科学者でも医学者でも浪花節愛好家でもないことをお断りしておきます。
ただ、かなり科学や医学(特に脳科学)に興味関心を抱き、浪花節にシンパシーを感じているのは確かですが。
そうした自分は以前
「義理人情」はかなり科学的であるという意味の記事を書きました。
それは、決して「義」と「理」を一本にした「義理」というある種の貸し借りから来る「負債感」や、果たさなくてはならない「義務感」「責務感」とは違うよという意味でもありました。定義のし直しによるイメージの転換の試みでした。
どういうことかを今一度おさらい...

詳細

2021/1/15-4
(うとQ世話し 本日の第4弾「どうせするなら前向きに」)
さて、本日の抽象的なお話は、前回までにして、本弾は当店での具体的な取り組みのお話です。
その前に本日当店の現況報告を少しばかり。
本日はかなりの冷え込みからか、ランチタイムの売上合計額がなんと2500円。
一週間前の同じ金曜日の昼間比10分の1でした。
この状態が続き、それこそ「常態」となれば、とてもではありませんが、存続は無理です。
何故ここに来てこれほどまでに落ち込んだのか?
それでネットの経済記事にのっていたチャートを見てみました。
すると、感染者比率が20代から30代がぐんと増え、60代以上がグッと...

詳細

20210115
(うとQ世話し 自分としては「結構深刻なレベルの焦り」)
以前の記事の中で「適者生存」という言葉を使いましたが、その語が出てくる前行程というのは、自分で書きながら少しビビってしまうのですが、一気に言ってしまうと
「淘汰」
です。自然淘汰の大屶(おおなた)
なので、適者生存とは、その大屶をよけるすべを身につけたものだけが「生き残る」という意味になります。
この大屶は大変非情なメカニズムで、あらゆる生物の上に同様に動作します。
万物の長、霊長類の人目人科の人間様と雖も、例外扱いはされません。
病床が逼迫しようが、飲食店が潰れまくろうが、又、そこに巻き起こされる悲劇や悲喜こも...

詳細

2021/1/13
(うとQ世話し (続) ド派手な「胡蝶の夢」からの覚醒 )
直前の記事でお話ししました「胡蝶の夢」の中の「夢」がわかりにくい方もいらっしゃると思いますので、少し紐解いてみます。
その「夢」とは何か?
ここで指す夢とは「経済成長」の事です。
通常では「経済」はGDP(国内総生産)」とか「お金儲け」を意味します。
しかし、これが我々の「通常認識」「通常語使用」になってしまったのが問題の様な気がするのです。
というのも、本来は「経世済民」即ち「世を経(おさめ)民を済(すくう)」のが経済の意味するところであり、本来の目的だったからです。要するに「和する(分け合う、分かち合う)...

詳細

クチコミ

2 か月前
足が悪いのでいつもデリバリーをお願いしています。 コロナ禍にあってデリバリー料金などを下げてくださるナマステさんには感謝しかありませんが、こんなに美味しいお店が地元から無くなったら悲しいので、こまめに注文しようねと家族で話してます。 こちらのカリーはそれぞれのベースが全部違うので何度食べても飽きません。(他店ではどのカリーもみんな同じ香辛料が引き立ってて、具材と色だけが違う…みたいな所も) ナンも程よい甘みがあり、もちもちしてて生地だけ食べても美味しい! 一番好きなのは定番のバタチキと大海老プラウンですが、今日のおすすめカリーは日本人向けのような和風ベースが多く、母がとても気に入って毎回頼んでいます。 これからもずっと美味しいカリーを食べさせて下さいね☆応援してます!
- risa a
1 年前
あざみ野駅からバスで10分ほど、東急ストアすすき野店の近くにあるカリー屋さんです。本格的なカレーが美味なのはもちろん、おぼんから飛び出すビッグサイズの焼きたてナンの、フワフワモチモチ食感は絶品です!ガーリックナンやチーズナンが美味しそうなので、今度行くときにトライしてみます。帰り際には感じの良い店員さんがお店の外まで出て『ありがとございました!ナマステ〜!』と笑顔でお見送りしてくれました。本格カリーが食べたい時にはおススメです。
のりたかん
4 か月前
カレーやナンのクオリティの高さは勿論のこと、再度メニューの美味しさにも驚きました。 パサパサになりやすいタンドリーチキン等の焼き物もとてもジューシーで、紅茶一つでもとても香りがよくて美味しいです。 お値段がとてもリーズナブルなのですが、その値段で出されるとは思えない完成度だと思います。 スタッフの方もいつも気にかけて親切にしてくださる、企業努力を感じる素晴らしいお店でした。また来店して色々な料理を食べてみたいと思えるお店です。
しここま

他では滅多にない当店オリジナルがいっぱい

●他では類を見ない北海道から直送のエゾ鹿肉(モモ肉)のカリーセット。高タンパク、低カロリーの食肉の優等生で、健康と美容に最適な食肉です。
牛豚肉はじめ、他のジビエ肉(希少価値肉、例、イノシシ、クマ、ワニ、等)と比較してもダントツの数値です。

●同じく他では類を見ない大エビプラウンカリーセット。他ではエビカリーといってもシーフードミックスを使用するところが多いのですが、当店では、インド産プラウン海老を丸ごと使用。混ぜ物は致しません。

●女性に大人気のストロベリー&ブルーベリーのクリームデザート。シンプルでクリーミーな仕上がりになっております。

●近隣ではめったにないパキスタン・バングラディシュ料理も取り揃えております。

●その他、もちろんインド・ネパール料理でおなじみのものも充実内容で取り揃えております。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 050-5461-1679
  • 045-532-4938

住所

ルートを検索
日本
〒225-0021 神奈川県
横浜市青葉区すすき野2丁目6番地7号 すすき野谷本ビル 101号

営業時間

月:定休日
火:11時00分~15時00分, 17時00分~22時00分
水:11時00分~15時00分, 17時00分~22時00分
木:11時00分~15時00分, 17時00分~22時00分
金:11時00分~15時00分, 17時00分~22時00分
土:11時00分~15時00分, 17時00分~22時00分
日:11時00分~15時00分, 17時00分~22時00分
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。